Windows一覧

NO IMAGE

Microsoft 製品でよく使う プロダクトキー (KMS,GVLK,AVMA)

マイクロソフト製品をいろいろと検証しているときにプロダクトキーを管理者に問い合わせるのが面倒なので、まとめてみました。 KMSやGVLKの意味の分からない方には、何の意味もない情報かと思います。 ここに記載されているキーを使っても、適切なライセンス認証は必要です。ライセンス認証ができなかった場合は、システム管理者に確認してください。ライセンス認証ができないというコメントには対応できませんので、予めご了承ください。

記事を読む

NO IMAGE

CentOS 7 と Windows とのデュアルブート環境の構築

[図解]CentOS7 と Windows10 とのデュアルブート環境の構築について紹介。UEFIなどの64-bit環境だけでなく、Windows 32-bit とのデュアルブートやBitlocker、LUKSを使った暗号化環境の構築方法も、ステップ・バイ・ステップで紹介。

記事を読む

NO IMAGE

[まとめ]Ubuntu LTS と Windows とのデュアルブート環境の構築

[図解]Windows と Ubuntu とのデュアルブート環境の構築について、環境別に詳しく紹介。Ubuntu 16.04 LTS、Ubuntu 14.04 LTS、64-bit、32-bit、UEFI環境、BitlockerやLUKSを使った暗号化環境の構築方法も、ステップ・バイ・ステップで。

記事を読む

NO IMAGE

[UEFI暗号化編]Ubuntu 16.04 LTS と Windows10 とのデュアルブート環境の構築

[図解]Step:1 はじめに Windows10 と Ubuntu 16.04 LTS とのデュアルブート環境の構築という記事を書きましたが、その環境を持ち歩くにはセキュリティ面で配慮が必要です。今回は、持ち歩いても大丈夫なように暗号化した環境の構築手順についてまとめました。

記事を読む

NO IMAGE

[UEFI基本編]Ubuntu 16.04 LTS と Windows10 とのデュアルブート環境の構築

[図解]Step:1 はじめに 今回は、UEFI-BIOSが広く普及していることから、EFI ブート環境でMicrosoft Windows10 のインストールしてある PC に、Ubuntu 16.04 LTS をインストールしデュアルブート(マルチブート)できるように設定してみたいと思います。

記事を読む

NO IMAGE

BitLocker を 柔軟に使う方法[おまじないコマンド]

Windows の Bitlocker について、いろいろ試してみたので、その記録‥TPM(Trusted Platform Module)なしで、オペレーションシステムドライブのBitlockerを有効にする‥オペレーションシステムドライブに「パスワード キー保護機能」を追加、または削除する。

記事を読む

NO IMAGE

Windows Server 2008 R2 IKEv2 の設定 無効な状況

Windows Server 2008 R2 の RAS で、IKEv2 用の待ち受けポートを用意し、接続しようとしたときに、「無効な状況」というエラーが表示されることがあります。 CoId={HEX STRING}: ポート VPN1-5 ユーザー名 DOMAIN\user の POINT-TO-POINT プロトコル (PPP) モジュールで次のエラーが発生しました。無効な状況 CoId={HEX STRING}: The following error occurred in the Point to Point Pro...

記事を読む

NO IMAGE

Windows Server 2008 R2 L2TP の設定

Step:1 はじめに 当サイトの「Windows Server 2008 R2 SSTP の設定」の記事を参考に、SSTP接続に成功していることを前提に説明します。 SSTP接続に成功している場合は、L2TPに移行するのは容易です。 SSTP接続はクライアント側の事前準備は少なくて済みますが、IDとパスワードのみでの認証ですので、脆弱なパスワードなどを設定するユーザーがいると不正アクセスの危険が高まります。これに対してL2TP接続は、クライアント側にも証明書または事前共有キーを要求しますので、セキュリティー面で優れてい...

記事を読む

NO IMAGE

[Legacy環境編]Ubuntu 14.04 LTS と Windows10 とのデュアルブート環境の構築

[図解]Step:1 はじめに 今回は、32-bitなどLegacy(BIOS)環境で Windows10 のインストールしてあるPCに、Ubuntu 14.04 LTS をインストールしWinfowsのブートローダーでデュアルブート(マルチブート)できるように設定してみたいと思います。

記事を読む

NO IMAGE

Windows Server 2008 R2 SSTP の設定

設定にあたっては、以下のサイトがとてもわかりやすいです。 上記のサイトを参考に、手順を進めていきます。 そうすると、CA証明書を作成する際に、CNはどうしたら良いのかと、不安になります。 答えは簡単!「オレオレ証明書」で運用するなら何も考えなくて良いです。 つまり、   CN = hogehoge-CA DC = hogehoge DC = local で、問題なく動作します。hogehoge.net などにしなくても良いです。 続いて、サーバ認証証明書を作成します。 そうすると、(私の場合)「こ...

記事を読む

スポンサーリンク(広告)
スポンサーリンク(広告)