abten一覧

NO IMAGE

OVH アジア・パシフィック リージョンがオープンしたようなので試してみた!

OVH アジア・パシフィック リージョンはお勧めしません。私の環境では、レイテンシが悪かったです。

記事を読む

NO IMAGE

Microsoft 製品でよく使う プロダクトキー (KMS,GVLK,AVMA)

マイクロソフト製品をいろいろと検証しているときにプロダクトキーを管理者に問い合わせるのが面倒なので、まとめてみました。 KMSやGVLKの意味の分からない方には、何の意味もない情報かと思います。 ここに記載されているキーを使っても、適切なライセンス認証は必要です。ライセンス認証ができなかった場合は、システム管理者に確認してください。ライセンス認証ができないというコメントには対応できませんので、予めご了承ください。

記事を読む

NO IMAGE

CentOS 7 と Windows とのデュアルブート環境の構築

[図解]CentOS7 と Windows10 とのデュアルブート環境の構築について紹介。UEFIなどの64-bit環境だけでなく、Windows 32-bit とのデュアルブートやBitlocker、LUKSを使った暗号化環境の構築方法も、ステップ・バイ・ステップで紹介。

記事を読む

NO IMAGE

2個目無料に要注意!ショップジャパン

ショップジャパンの「ドクターハーツ エアジェットフロス」の「2個目無料」はどう考えても「実質900円税抜」にしか思えない。こういった表現は、誤解を招くだけでなく、トラブルの原因となるので、避けた方が良い。

記事を読む

NO IMAGE

[まとめ]Ubuntu LTS と Windows とのデュアルブート環境の構築

[図解]Windows と Ubuntu とのデュアルブート環境の構築について、環境別に詳しく紹介。Ubuntu 16.04 LTS、Ubuntu 14.04 LTS、64-bit、32-bit、UEFI環境、BitlockerやLUKSを使った暗号化環境の構築方法も、ステップ・バイ・ステップで。

記事を読む

NO IMAGE

[UEFI暗号化編]Ubuntu 16.04 LTS と Windows10 とのデュアルブート環境の構築

[図解]Step:1 はじめに Windows10 と Ubuntu 16.04 LTS とのデュアルブート環境の構築という記事を書きましたが、その環境を持ち歩くにはセキュリティ面で配慮が必要です。今回は、持ち歩いても大丈夫なように暗号化した環境の構築手順についてまとめました。

記事を読む

NO IMAGE

[UEFI基本編]Ubuntu 16.04 LTS と Windows10 とのデュアルブート環境の構築

[図解]Step:1 はじめに 今回は、UEFI-BIOSが広く普及していることから、EFI ブート環境でMicrosoft Windows10 のインストールしてある PC に、Ubuntu 16.04 LTS をインストールしデュアルブート(マルチブート)できるように設定してみたいと思います。

記事を読む

NO IMAGE

Windows 10 のシステムドライブを Bitlocker で暗号化する

[図解]Windows 10 のシステムドライブを Bitlocker で暗号化する手順を図解で説明。TPMなしで暗号化する方法についても紹介。Home Edition のみ Bitlocker には対応していません。

記事を読む

NO IMAGE

Ubuntu で a start job is running for dev-desk-by …とか表示され “Welcome to emergency mode!” と歓迎されてしまったときの対処法

 Ubuntu 16.04 LTS がリリースされて、そろそろ検証してみようかなぁと思ったので試したところ、思わぬところでつまづいたので、そのとき確認した方が良いことをメモします。  この画面で待たされる時間が異様に長い方は、紹介する記事を含め確認してみることをお勧めします。  ESC を押すと、現在の処理状況が表示されます。  90秒のタイムアウトが設定されているようで、状況によっては "Welcome to emergency mode!" と全力で歓迎されてしまいます。  私がこの現象に直面したのは、Ubuntu...

記事を読む

NO IMAGE

CentOS7 : amavisd-new 2.10.1 + Sophos Anti Virus (savscan)

メールを利用したサイバー攻撃が横行していることから、セキュリティレベルを上げるために、Amavisd-new と Sophos Anti Virus とを組み合わせて導入することにしたので、その構築メモです。日本語環境に合わせた設定方法も紹介。

記事を読む

スポンサーリンク(広告)
スポンサーリンク(広告)