Raspberry Pi 4 に WI-U2-433DMS のドライバをインストール 内蔵WiFiの無効化

 Raspberry Pi 4 の内蔵 WiFi が とても不安定なので、USBの WiFiアダプタ を使えるようにする。
 選んだアダプタは WI-U2-433DMS で、ドライバをインストールを試みた。

 正直言って、どのチップが搭載されているのか良く分からないが、”8812au”のドライバを入れたところ、今のところ正常に動作している。

 必要なパッケージ のインストールして、再起動

 現在起動しているkernelのバージョンから更新されていることがあるため、再起動します。
 再起動しないとビルドに失敗することがあります。

 プラットフォームに合わせて、いずれかをインストール

 32bit版ドライバのインストール

 このバージョンのドライバだと、最近のカーネルではエラーが出て、ビルドできないかも知れません。

 ということで、

 64bit版ドライバのインストール

Raspberry Pi 内蔵のWiFiの無効化

スポンサーリンク(広告)
スポンサーリンク(広告)
スポンサーリンク(広告)
スポンサーリンク(広告)