Windows 10 のシステムドライブを Bitlocker で暗号化する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

 意外と「BitLocker を 柔軟に使う方法[おまじないコマンド]」という過去の記事がよく読まれているようなので、Windows 10 での Bitlocker を有効にする手順を紹介します。

スポンサーリンク(広告)
スポンサーリンク(広告)

エディションの確認

Windows 10 エディションの比較

 Home Edition のみ Bitlocker には対応していません。コントロールパネル > システム からエディションを確認します。

Bitlocker の有効化

 コントロールパネルからBitlockerドライブの暗号化を選択します。

 あれ?エラーが表示されました。

 このエラーは、TPM(Trusted Platform Module)に OS がアクセスできなかった場合に表示されるエラーです。TPM 内蔵の PC でこのエラーが表示された場合は、TPM が BIOS 設定で無効(Disable)になっている可能性があります。有効(Enable)に設定して再起動するとこのエラーは表示されません。

 Bitlocker の機能をフルに活用するためには TPM が必要です。
 TPM 内蔵の PC ではなくても、システムの整合性検証機能などは利用できませんが、パスワード、あるいは外部キーで有効にすることができます。

 コマンドプロンプトを管理者権限で開き、”gpedit”を起動します。
 詳しい解説は、こちら(BitLocker を 柔軟に使う方法[おまじないコマンド])を参照。

 グループポリシーを更新します。

 再度、有効にします。

 

 無事暗号化が開始されました。

スポンサーリンク(広告)
スポンサーリンク(広告)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク(広告)
スポンサーリンク(広告)